支援制度

「2021年度 英文校閲費用助成制度」

2021年度 英文校閲費用助成制度

2021年4月7日

2021 年度 英文校閲費用助成制度 利用希望者募集

 

日本医科大学、日本獣医生命科学大学では、女性研究者の研究力向上とキャリアアップを推進することを目的として、学術雑誌への投稿論文の英文校閲費用の助成します。2021年度における本制度利用希望者の募集を開始しました。


  • 募集要項と申請書(学内専用)
  •    日本医科大学     2021_募集要項   2021_申請書
  •    日本獣医生命科学大学 2021_募集要項   2021_申請書
  •  
  • 1. 対象
    1) 学術雑誌の投稿論文
    助成の対象とする「学術雑誌」の基準について 原則として、以下の基準に合致することが求められます。審査の際に雑誌に関する資料の提出をお願いすることがあります。
       ⅰ . 査読が行われる英文の学術雑誌であること(学会要旨は対象外) 
       ⅱ . 投稿規定や編集委員の情報などが英文で公開されていること
       ⅲ . 論文、もしくは論文要旨を、 Web 等を通じて世界の研究者が閲覧できること
       ⅳ . 原著論文、総説、症例報告いずれも可(日本医科大学のみ)
    2) 著者および申請期日
       ・ 自身が主たる著者(筆頭または責任著者)として発表する著作物であること。
       ・ 助成決定の日~2022 年 2 月末までに英文校閲を行い納品が完了するもの。
       ・
    同一論文への本助成からの支援は1回限りとする。(日本医科大学のみ)
  •    ・英文校閲の依頼先は、個人ではなく専門業者に依頼したものを対象とする。(日本医科大学のみ)
  •  ・申請時点で英語論文の執筆がすでに終了しているもの(日本獣医生命科学大学のみ)
  • 2. 助成金額
  • 上限10 万円(税込み)
  • ※日本医科大学は一人あたり2論文までについて合計10万円を上限に助成する。
  • ※日本獣医生命科学大学は年度内一人につき1回のみ助成する。
  • ※予算、応募状況によっては、年度途中で募集を終了することがあります。
  • 3. 応募資格
    日本医科大学、日本獣医生命科学大学に所属する女性研究者(常勤教員(特任含む)及びポスドク研究員)
    ※原則として、日本学術振興会の科学研究費に応募する研究者番号を持っている研究者
  • ※投稿誌での論文の採否が決定されるまで本学に在籍する予定であること
  • 4. 申請手続きの手順
  • こちらからご覧ください


  • ●お問い合わせ
  • 【日本医科大学】しあわせキャリア支援センター事務室
  •  TEL:03-3822-2131(内線:5500、5501)E-mail:app-shien@nms.ac.jp
  • 【日本獣医生命科学大学】ダイバーシティ推進室
  •  TEL:0422-31-4151(内線:5107)

ページトップへ戻る